記念すべき第1回目の企画展は、オプアートと呼ばれる作品を数多く制作される山洋平さんの作品を展示いたします。

緻密かつ丹念に描かれた線や点、木々などのモチーフで満たされたキャンバスから大自然の息吹を感じることができるでしょう。

山 洋平
1977年埼玉県生まれ。16歳の時にフィンランドの小さな村プーマラで1年を過ごす。隣の家が1㎞先という静かな森の中での生活に大きく価値観が変わる。その後外国を旅するようになり父から譲り受けた古いカメラで写真を撮り始める。2006年、軽のワンボックスを寝床に助手席に向日葵を乗せ、育てながら北海道から鹿児島まで日本を7ヶ月間放浪。この旅では出会った人に手作りの写真集を見せながらBGMとしてウクレレを弾く「旅する写真展」を開催、作家活動の原点となる。2007年より写真展を行いながら日本各地を巡る生活を始め、2009年南フランス・アルルの国際写真フェスティバルに写真を見せに行った際、暇つぶしに描いていた絵の方を評価され、初めての絵の個展をアルルで開催。これをキッカケに本格的に絵を描き始め、日本とフランスを行き来しながら作品を発表し始める。2011年フランスへ移住。リヨン近郊のレニーという小さな村にアトリエを構える。2017年ベトナム・ホーチミンシティに移住。